RSS | ATOM | SEARCH
給食 4月

こんにちは、給食です。

 

春になり暖かく過ごしやすい気温の日や夏のように暑い日もありますね。

園庭の桜がきれいに咲きました。

 

 

畑の野菜もお天気が続いているのでぐんぐん育っています。いちごの花も咲き出しました。

 

 

給食はカレーライスからスタートしました。初日からみんな良く食べ、おかわりもありました。

5月の中頃から副菜や様々な種類の献立を出してみようと思います。

 

今月は4/26に端午の節句を行いました。

端午の節句とは、五節句の一つで男の子の健やかな成長をお祝いする風習があります。

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲と薬草のよもぎを軒に挿すことで、厄災を祓ってけがれを浄化できると考えられました。また柏もちは日本発祥で、江戸で生まれました。柏もちを包む柏の木は昔から神聖な木とされていたことや新芽がでないと古い葉が落ちないため、「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物となって江戸時代を中心に広がりました。

 

<献立>

・中華おこわ

・鶏の唐揚げ(ばったくらす、幼児クラス)

・鶏肉団子(ひよこクラス)

・かしわもち(ばったクラス、幼児クラス)

・ミルクくずもち(ひよこクラス)

 

 

唐揚げはとても人気な献立なので、おかわりもありみんな良く食べていました。

柏もちも良く食べていました。

 

 

★お弁当について★

土曜日のお弁当にご協力いただきましてありがとうございます。

お弁当作りは近隣の市町村の基準と合わせています。どうぞご協力お願いいたします。

※年間を通して加熱していない生もの、生野菜(ミニトマトやレタスなど)、果物(缶詰の物も含む)、練り物(かまぼこ、ちくわなど)ハムやチーズはお弁当に入れることを禁止しております。加熱してあればお弁当に入れても可能です。

※これからの季節は、気温が高くなりますのでお弁当を作る際は冷めてかフタをしていただきき、保育園でもお弁当の保管には十分気を付けますが、必ず保冷材を入れて下さい。

※お弁当箱やお弁当入れ、カトラリーセットにはお名前の記入もお願いいたします。カトラリーセットの箸は抜いてください。

 

○お弁当作りのポイント○

乳児クラスのお子さんには、一口で食べやすい大きさにして下さい。

フォークやスプーンですくいそのまま口に入れて食べれる大きさにカットしてあると食べやすいです。

スパゲティなどの麺類は切ってあるか、クルクルと小さく巻いてフォークですくえる長さになっていると食べやすいです。

お弁当箱にそのままご飯を詰めてしまうと、昼食時に取り出しにくくなってしまいます。おにぎりはたわら型や一口大の小さな丸型、三角形にしてお弁当のスペースにゆとりをもって詰めていただけると子どもたちもつまんで食べやすいです。

午後は、ジャムサンドとバナナなどボリュームがあるおやつがでるのでお子さんが丁度よく食べきれる量(おにぎり又はサンドイッチ+おかず2〜3品)が良いと思います。

 

 

皆さんとても食べやすいように作ってくださり、食べてる時もみんなでお弁当の話などしながら楽しく食べています。

 

給食室からのお知らせでした。

H30.4.26記

 

 

 

 

 


Comment