RSS | ATOM | SEARCH
11月 給食

こんにちは。給食です。

11月に入り、急に寒くなって来ましたね。11月は、体調を崩すお子さんが多かったのですが少しずつ回復し、給食も沢山食べられるようになりました。

これから、益々冷え込み、空気も乾燥するので、風邪やウィルスの予防を心がけましょう。

今月は、人参のお話しです!!

 

保育園の畑では、冬野菜の収穫を迎えています。種を蒔いた時には、とっても小さかったのですがいつの間にか大きく成長していました。今年の人参は、今まで見た事がないくらい大きいのでビックリしています。

変わった形の物もありますがほとんど形も良くて使いやすいです。

 

 

 

人参(ニンジン)とは?

人参はセリ科の野菜です。主な原産地は、アフガニスタンあたりといわれています。

年間を通して出回っていますが、秋から冬にかけて旬になります。

緑黄色野菜の中でも栄養素をたくさん含んでおり、王様と言われるほどです。

その栄養成分は身体に良いだけではなくて、カロリーも低く、アンチエイジング効果などの美容効果にも注目されています。

人参の1本の重さは約150~200g(54Kcal)です。

 

人参には、βカロテンが豊富に含まれています。ほうれん草や南瓜の約3倍、きゃべつの約100倍あります。

βカロテンは皮のすぐ内側に多いので、皮をなるべく薄くむくようにするか、皮ごと料理したほうが効果的に栄養をとることができます。また、βカロテンは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンなので、油と一緒に調理することで吸収力が上がります。

 

トマトのイメージが強いリコピンですが人参には、トマトの約2倍あると言われています。リコピンは、がんや動脈硬化の予防が期待されています。

 

人参に含まれるカリウムは、血中に多くなったナトリウムを対外に排出する働きがあります。また、血圧を下げる働きもあります。

更に、水溶性食物繊維であるペクチンが「さつま芋」と同じくらい豊富に含まれています。腸の調子を整える整腸作用があり、便秘を解消する働きがあります。

 

人参を常用することで、風邪などの細菌感染の予防になります。

これは人参に含まれるビタミンAがのどや鼻の粘膜を丈夫にし、細菌に対して免疫力を高める効果があるからです。

また、ビタミンAは、夜盲症(トリ目)を改善し、視力の強化に役立ちます。

体を温めたり、疲労回復にも効力を発揮します。

その他にもビタミン類は、B1、B2、Cを少量含み、ミネラル類もカリウムの他に鉄やリンも豊富に含んでいます。

 

保育園でも人参は、大活躍で毎日使用しています。子ども達も人参を好きな子が多いです。野菜が苦手な子も緑の葉物よりは、抵抗がないようです。

保育園では、主菜によく利用し、油で炒めて調理することが多いです。サラダや和え物には、茹でて使用しています。

人参の炊き込みごはんが保育園で人気だったので、ご紹介します。

 

   ☆もみじごはん☆

材料:米    2合

   昆布   1枚

   人参   100g(1本弱)

   塩    小さじ1/2

   醤油   大さじ1/2

   白ごま  小さじ1

 

作り方➀ごはんを研いでおく。

   ⊃融欧論蘋擇蠅砲垢襦

   G鬚瓦泙炒っておく。

   な董∈布、人参に味付けをして、普通の水加減で炊き込む。

   ズ埜紊法∂屬辰燭瓦泙鮠紊砲ける。

  ※調味料を入れたら、すぐに炊飯器のスイッチを入れてください!!

 

 

12月は、子ども達の大好きなクリスマスが待っていますね🎄

給食もいつもとは、ちょっと違った献立となっていますのでどうぞお楽しみに♪

 

給食室からでした。

2018.11.28 記

   

 

 

 

 


Comment