RSS | ATOM | SEARCH
給食 4月

こんにちは、給食です。

 

春になり暖かく過ごしやすい気温の日や夏のように暑い日もありますね。

園庭の桜がきれいに咲きました。

 

 

畑の野菜もお天気が続いているのでぐんぐん育っています。いちごの花も咲き出しました。

 

 

給食はカレーライスからスタートしました。初日からみんな良く食べ、おかわりもありました。

5月の中頃から副菜や様々な種類の献立を出してみようと思います。

 

今月は4/26に端午の節句を行いました。

端午の節句とは、五節句の一つで男の子の健やかな成長をお祝いする風習があります。

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲と薬草のよもぎを軒に挿すことで、厄災を祓ってけがれを浄化できると考えられました。また柏もちは日本発祥で、江戸で生まれました。柏もちを包む柏の木は昔から神聖な木とされていたことや新芽がでないと古い葉が落ちないため、「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物となって江戸時代を中心に広がりました。

 

<献立>

・中華おこわ

・鶏の唐揚げ(ばったくらす、幼児クラス)

・鶏肉団子(ひよこクラス)

・かしわもち(ばったクラス、幼児クラス)

・ミルクくずもち(ひよこクラス)

 

 

唐揚げはとても人気な献立なので、おかわりもありみんな良く食べていました。

柏もちも良く食べていました。

 

 

★お弁当について★

土曜日のお弁当にご協力いただきましてありがとうございます。

お弁当作りは近隣の市町村の基準と合わせています。どうぞご協力お願いいたします。

※年間を通して加熱していない生もの、生野菜(ミニトマトやレタスなど)、果物(缶詰の物も含む)、練り物(かまぼこ、ちくわなど)ハムやチーズはお弁当に入れることを禁止しております。加熱してあればお弁当に入れても可能です。

※これからの季節は、気温が高くなりますのでお弁当を作る際は冷めてかフタをしていただきき、保育園でもお弁当の保管には十分気を付けますが、必ず保冷材を入れて下さい。

※お弁当箱やお弁当入れ、カトラリーセットにはお名前の記入もお願いいたします。カトラリーセットの箸は抜いてください。

 

○お弁当作りのポイント○

乳児クラスのお子さんには、一口で食べやすい大きさにして下さい。

フォークやスプーンですくいそのまま口に入れて食べれる大きさにカットしてあると食べやすいです。

スパゲティなどの麺類は切ってあるか、クルクルと小さく巻いてフォークですくえる長さになっていると食べやすいです。

お弁当箱にそのままご飯を詰めてしまうと、昼食時に取り出しにくくなってしまいます。おにぎりはたわら型や一口大の小さな丸型、三角形にしてお弁当のスペースにゆとりをもって詰めていただけると子どもたちもつまんで食べやすいです。

午後は、ジャムサンドとバナナなどボリュームがあるおやつがでるのでお子さんが丁度よく食べきれる量(おにぎり又はサンドイッチ+おかず2〜3品)が良いと思います。

 

 

皆さんとても食べやすいように作ってくださり、食べてる時もみんなでお弁当の話などしながら楽しく食べています。

 

給食室からのお知らせでした。

H30.4.26記

 

 

 

 

 


給食 3月

こんにちは。給食です。

桜も開花し、暖かい季節となりました。

春の植物や虫や鳥なども沢山見かけるようになりました。

卒園児のみんなは、4月から小学生ですね。

また、幼稚園に入園されるお子さん、退園されるお子さんもいらっしゃいますね。

大日保育園ともいよいよお別れです。

今まで本当にありがとうございました!

みなさまの成長を心よりお祈りしています。

 

今月は、食事に関するアンケートの結果をご報告をさせていただきます。

お忙しい中ご協力ありがとうございました。

 

1.朝食は食べていますか?

)萃食べる(90%) 

⊃べない時がある(10%)

食べない(0%)

(何をよく食べていますか?)

  パンやごはんと回答されている方が

  多かったです。

  ごはんにふりかけ、納豆、のり、梅、昆布

  卵をかけたり、おにぎりも多くありました。

  パンは、チーズと一緒に食べているという

  回答が多くありました。

  コーンフレークのご家庭もありました。

  ハムやベーコン、ウィンナー、卵料理、焼き魚

  しらす、厚揚げ、豆腐などたんぱく質のおかず

  を取り入れているご家庭も多くありました。

  牛乳、ヨーグルト、乳酸菌飲料

  バナナなどの果物

  ブロッコリー、きゅうり、トマト、大根おろし

  もずくなどの野菜類

  味噌汁やスープ

☆忙しい朝は、ささっと食べられる物と栄養バランスを考慮したおかずを選んでくださっているのですね。

 

2.ご家庭では、どんなお魚料理を作りますか?

  焼き魚や煮魚が人気でした。

      その他には、ムニエルやホイル焼き

      フライや鍋料理、お刺身や丼物

      おにぎりの回答もありました。

 

3.お魚料理でお子さんが好きなものは、何ですか?

  鮭、まぐろ、いわし、さば、カレイ

  などのお魚が人気でした。

  ぶり大根やほっけ、きびなごの天ぷら

  めかじきの煮つけ、ムニエル

  鮭のきのこ蒸し焼き、お寿司、お刺身

  しらすごはんなど

☆お魚料理は、子ども達にちょっと人気がないのかと思っていました。

しかし、今回のアンケートでご家庭では、いろいろなお魚料理を食べているのだと知れてとても参考になりました!!

 

4.ご家庭でよく作るお料理は、何ですか?

  一番多い回答は、カレーでした。

  次にハンバーグ、唐揚げ、チャーハン

  シチュー、グラタンでした。

  ぎょうざ、焼き魚、生姜焼き、肉じゃが

  煮物も多かったです。

  肉料理や汁物もパスタ、麻婆豆腐

  肉豆腐、卵料理、焼きそば、うどんなど

  も複数の回答がありました。

  野菜炒めやサラダ、ナムル

  ピーマンの肉詰め、かぼちゃコロッケ

  金平ごぼう、白菜の和え物などの

  野菜料理もありました。

 

5.お子さんに人気のお料理は、何ですか?

  お子さんに人気のお料理もご家庭でよく作る

  お料理と同じで一番人気が唐揚げ次がカレー

  そしてハンバーグ、ぎょうざ、グラタン

  ラーメンの順でした。

  シチュー、パスタ、うどん、オムライス

  麻婆豆腐、チャーハン、ポテト

  ポテトサラダも人気のようです。

  小人数では、肉巻きにするといんげんなど

  野菜と一緒によく食べてくれる。

  ロールキャベツやしゃぶしゃぶ、巻き寿司

  お好み焼き、天丼、かつ丼

  味噌汁、野菜の煮物などがありました。

☆やはり、保育園でも人気の唐揚げやカレー、ハンバーグがご家庭でも人気ですね。これからもお子さんが大好きな家庭の味を大切にしてくださいね!! 

 

6.果物は食べますか?

  )萋食べる(33%) 

  ⊃べない時がある(49%) 

  食べない(2%)

☆フルーツは、毎日は食べない事が多いのですね。保育園で少しずつ慣れていろいろなフルーツが食べられるようになったらうれしいです。

 

7.お菓子類は食べますか?

  )萋食べる(41%) 

  ⊃べない時がある(45%) 

  食べない(9%)

 

 ⑴どんなものを?

  〇堡良(50%) 

  ⊆蟶遒(5%) 

  どちらもある(41%)

 

⑵どんな時間に?

  …(12%) 

  帰宅後すぐ(72%) 

  M漆後(36%) 

  た欧訌(3%)

☆お菓子は、食べたり食べなかったりですが帰宅後すぐに食べているという回答が多かったです。保育園のおやつもその日の気分で食べたり、食べなかったりするお子さんもいるのでお腹が空いてしまう事があるかもしれません。子ども達が喜んで食べてくれるようなおやつを作れるように頑張ります!

 

8.起床してから朝食までの時間は、どのくらいですか?

  30分以内(90%) 

  30分〜1時間以内(12%) 

  1時間以上(0%)

☆ほとんどのご家庭が30分以内でした!

 

9.平日の夜の就寝時間は?

  20時前(3%) 

  20時台(30%) 

  21時台(54%) 

  22時以降(12%)

  ド垉則(1%)

☆20時台、21時台のご家庭が多いですね。

 

⒑ 規則的に排便はありますか?

  )萋ある(52%) 

  2〜3日に1回(33%) 

  I垉則(13%)

☆排便もほとんど毎日か2〜3日に1回はあるようです。

 

⒒ お子さんの食事について気になるところがありますか?

  々イ嫌いが多い(15%) 

  ⊂食(9%) 

  2畤(4%)

  ね靴喊べをする(29%) 

  イ修梁(29%)

☆遊び食べをしてしまったり、好き嫌いについて気になると回答されている方が多いようですね!

その他の回答には、偏食や野菜が苦手。あまり噛まない、手で食べてしまったり、食べさせてもらおうとしてしまうなどの回答がありました。

 

⒓ ご家庭で保育園で食べた給食の話をしますか?

  ,呂(72%) 

  △いい(38%)

☆まだお話が出来ないお子さんもいらっしゃいますがほとんどのお子さんが保育園での給食の話をしてくださっていました。

 

⒔ ホームページの給食のお知らせは、参考になりますか?

  ,呂(71%) 

  △いい(20%)

☆ホームページは、ゆっくりご覧になる時間がない親御さんも多くいらっしゃいました。

71%の方がはいと答えてくださりとてもあり難いと感じております。

 

⒕ 給食のサンプル展示は、参考になりますか?

  ,呂(98%) 

  △いい(1%)

☆給食のサンプルは、ほとんどの方がご覧になられているようですね。今後も続けていきたいと思います。

 

保育園の給食についてのご意見

☆励ましのお言葉や感謝のお言葉をありがとうございます。

 また、ご意見やご相談などもいただきました。少しずつ対応出来るようにしたいと思います。

 

今後もホームページで給食のお知らせをしていきます。

引き続き2019年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今年度最後の給食です!!

・ごはん

・鮭の照り焼

・ひじきの煮物

・フルーツ

・きなこだんご

・牛乳

 

いつもありがとうございます。

給食室からのお知らせでした。

 

2019.3.29 記

 

 

 

 


2月 給食

こんにちは給食です。

 

今月は節分パーティー、バレンタイン、桃の節句と3つイベントがありました。

 

《2/1(金) 節分パーティー》

節分の時に飾るやいかがしは、節分の夜、魔よけのためにいわしの頭や臭気の強いものを焼いて串に刺し、家の入口などに挿しておくものです。

当日の献立にもいわしを使った料理を出しました。

また、鬼の頭や角、金棒を連想させる鬼むしぱんはおやつに出しました。

 

<献立>

・海苔巻き(わかめ、おかか)

・いわしの揚げ団子

・マカロニサラダ

・みかん

・鬼むしぱん

 

<2/14(木) バレンタイン>

おやつーりんごのブラウニー

幼児クラスが課業で果物について学んでいる中、果物の本にりんごのブラウニーが載っていたのでリクエスト受けました。

 

 

《2/28(木) 桃の節句、お楽しみ献立》

主食、主菜、副菜、おやつと1票ずつ投票してもらいました。

主食ーチーズサンド、主菜ーからあげ、副菜ーマッシュポテト、おやつーひなまつりマシュマロフレークが当選になりました。

投票ありがとうございました。

 

野菜が少なかったのでマッシュポテトにはお花型に型抜きしたにんじんとブロッコリーを混ぜました。

乳児クラスにも型抜きしたにんじんを飾りました。

 

<献立>

・チーズサンド

・からあげ

・マッシュポテト

・バナナ

・オレンジジュース

・ひなまつりマシュマロフレーク

 

からあげ、マッシュポテトはおかわりがあり、チーズサンドも全て完食しました。

おやつのひなあられマシュマロフレークもみんなよく食べていました。

 

日に日に給食の食べる量が増えて来てました。

4月に比べてしっかり食べることができるようになってきました。

3月もいろいろな献立が出ます。楽しみにしていてくださいね。

 

 

給食室からのお知らせでした。

2019.2.28 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1月 給食

こんにちは、給食です。

2019年が始まりましたね。そして、平成も残り数ヶ月です!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今月は、五感を使って楽しむ食事のお話しです。

 人は料理を五感で味わって食べています。

「食にまつわる五感」を意識しながら子どもと食事をすることによって、料理をよりおいしく食べ、食べ物や食事への興味や関心を高める作戦をご紹介します。

 

 味覚  舌で味わう    甘味・塩味・苦味・酸味・うま味

 視覚  目で見る     食材の色・形

 嗅覚  鼻で嗅ぐ     出し汁や素材の風味

 触覚  手・口で触れる  触りごこち・舌触り・食感

 聴覚  耳で聞く     食べた時の音・周りの声

 

☆味覚・味わう

 人は生まれた時から「甘味」を好みますが、「酸味・苦味」は、敬遠しがちです。偏食を予防するためには、小さな頃からいろいろな食材を体験し、嗜好を獲得していくことが大切です。毎日の食事を通して練習してみましょう。

 

☆視覚・目で見る

「何が入っているかな?」と料理に興味を持たせることが大切です。

時には、調理前の野菜を見せて、触らせてあげるのも良いです。

 

☆嗅覚・鼻で嗅ぐ

 食材・料理の香りは、「食事開始」の合図のようなもの。においを嗅ぐと、急に食欲がわきます。納豆などの強いにおいも、小さい頃から食べ慣れると、気になりません。素材を活かした食事で、食材本来のにおいを覚えられるようにしましょう。

 

☆触覚・手・口で触れる

 子ども達が無理なく食べることができる舌触り、固さ、大きさにすることで、食感を楽しんで食べることができます。また、野菜を実際に育てる体験などを通して、実際に触れることは、さらに子どもたちの興味・関心を高めることができます。

 

☆聴覚・耳で聞く

 食べた時に耳に響く音も、おいしさの要素のひとつです。

また、食事中の「きれいなみどり色だね!」「とってもおいしそうだね!」といった言葉がけも、小さな子どもにとっては、食事に集中し、楽しく食べるために大切なことです。

 

♪楽しい食事で幸福感アップ

 食を楽しみながら生活していると、「食べ物つながり」で、楽しい思い出をたくさんつくることができます。

「盆踊り大会で食べたスイカがおいしかったね」「遠足で食べたおにぎりの梅が甘酢っぱくておいしかった」「田舎のおばあちゃんのみそ汁のにおいがする」など。子どもにとって楽しい雰囲気の中で食べた物は、それ以降、その食べ物を見た時に幸福な記憶として思い出されます。

保育園でもたくさん食の思い出が出来たらうれしいですね。

 

2月は、節分の行事食と桃の節句のお楽しみ献立があります。

お楽しみ献立は、幼児クラスの子ども達が保育園で人気の献立の中から食べたい献立に投票し、当選した献立となります!!

どれにしようか選ぶのも楽しみですね!!

給食室でも何が当選するのかドキドキしています。

 

給食室からのお知らせでした。

2019.1.31 記

 

 

 

 


12月 給食

こんにちは。給食です。

 

今月は2つのイベントがありました。

1つ目は、12/1に行われた親子餅つき大会です。

いい天気に恵まれ、餅つき大会日和になりました。

この日提供するお餅は、きなこ餅、あんこ餅、お雑煮の3種類でした。

もち米をふかして、ついて、お餅になったのが給食室に運ばれ、味付けしました。

 

お雑煮は鶏肉、小松菜、油揚げ、ゆず、園内の畑で取れた白菜が入り、具だくさんのお雑煮になりました。

 

 

つきたてのお餅はとてもやわらかく美味しかったです。

たくさんのご家族に参加していただきありがとうございました。

 

 

2つ目は12/21に行われたクリスマス会です。

メニューはマカロニグラタン、サンドイッチ、イチゴ、オレンジジュース、

おやつはクリスマスゼリーでした。

 

マカロニグラタンはみんなが大好きなメニューです。

にんじんを星型、お花型、クマ型に型抜きしました。

 

 

れんげクラスの離乳食やひよこクラス、ばったクラスにも型抜きしたにんじんが入りました。

 

 

マカロニグラタンは完食し、サンドイッチもおかわりがあり、ゼリーもみんな良く食べていました。

 

 

2018年の給食の更新は今回が最後となります。

今年もありがとうございました。

1/4はれんげクラスを除き、お昼のお弁当は持参となります。

よろしくお願いします。

 

来年からもどうぞよろしくお願いいたします。

 

給食室からでした。

2018.12.26 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 


11月 給食

こんにちは。給食です。

11月に入り、急に寒くなって来ましたね。11月は、体調を崩すお子さんが多かったのですが少しずつ回復し、給食も沢山食べられるようになりました。

これから、益々冷え込み、空気も乾燥するので、風邪やウィルスの予防を心がけましょう。

今月は、人参のお話しです!!

 

保育園の畑では、冬野菜の収穫を迎えています。種を蒔いた時には、とっても小さかったのですがいつの間にか大きく成長していました。今年の人参は、今まで見た事がないくらい大きいのでビックリしています。

変わった形の物もありますがほとんど形も良くて使いやすいです。

 

 

 

人参(ニンジン)とは?

人参はセリ科の野菜です。主な原産地は、アフガニスタンあたりといわれています。

年間を通して出回っていますが、秋から冬にかけて旬になります。

緑黄色野菜の中でも栄養素をたくさん含んでおり、王様と言われるほどです。

その栄養成分は身体に良いだけではなくて、カロリーも低く、アンチエイジング効果などの美容効果にも注目されています。

人参の1本の重さは約150~200g(54Kcal)です。

 

人参には、βカロテンが豊富に含まれています。ほうれん草や南瓜の約3倍、きゃべつの約100倍あります。

βカロテンは皮のすぐ内側に多いので、皮をなるべく薄くむくようにするか、皮ごと料理したほうが効果的に栄養をとることができます。また、βカロテンは、油に溶けやすい脂溶性ビタミンなので、油と一緒に調理することで吸収力が上がります。

 

トマトのイメージが強いリコピンですが人参には、トマトの約2倍あると言われています。リコピンは、がんや動脈硬化の予防が期待されています。

 

人参に含まれるカリウムは、血中に多くなったナトリウムを対外に排出する働きがあります。また、血圧を下げる働きもあります。

更に、水溶性食物繊維であるペクチンが「さつま芋」と同じくらい豊富に含まれています。腸の調子を整える整腸作用があり、便秘を解消する働きがあります。

 

人参を常用することで、風邪などの細菌感染の予防になります。

これは人参に含まれるビタミンAがのどや鼻の粘膜を丈夫にし、細菌に対して免疫力を高める効果があるからです。

また、ビタミンAは、夜盲症(トリ目)を改善し、視力の強化に役立ちます。

体を温めたり、疲労回復にも効力を発揮します。

その他にもビタミン類は、B1、B2、Cを少量含み、ミネラル類もカリウムの他に鉄やリンも豊富に含んでいます。

 

保育園でも人参は、大活躍で毎日使用しています。子ども達も人参を好きな子が多いです。野菜が苦手な子も緑の葉物よりは、抵抗がないようです。

保育園では、主菜によく利用し、油で炒めて調理することが多いです。サラダや和え物には、茹でて使用しています。

人参の炊き込みごはんが保育園で人気だったので、ご紹介します。

 

   ☆もみじごはん☆

材料:米    2合

   昆布   1枚

   人参   100g(1本弱)

   塩    小さじ1/2

   醤油   大さじ1/2

   白ごま  小さじ1

 

作り方➀ごはんを研いでおく。

   ⊃融欧論蘋擇蠅砲垢襦

   G鬚瓦泙炒っておく。

   な董∈布、人参に味付けをして、普通の水加減で炊き込む。

   ズ埜紊法∂屬辰燭瓦泙鮠紊砲ける。

  ※調味料を入れたら、すぐに炊飯器のスイッチを入れてください!!

 

 

12月は、子ども達の大好きなクリスマスが待っていますね🎄

給食もいつもとは、ちょっと違った献立となっていますのでどうぞお楽しみに♪

 

給食室からでした。

2018.11.28 記

   

 

 

 

 


給食 10月

こんにちは。給食です。

 

今月はさんまのお話しです。

今が旬のさんまは10月になると1番脂がのり、さんまの脂の量が約2倍になります。

高カロリーになりますが、さんまに含まれている脂はEPA、DHAと言い、牛肉や豚肉などの肉類にはほとんど含まれず体内で作りだすことができないため、青魚から摂取すると効率がいいです。さらに肥満の防止をサポートするヒスチジンという栄養素が含まれています。

 

<さんまの栄養素の効果、効用>

EPAは血液をサラサラにし血流をよくする効果があり、血管内の血液がつまる病気を予防する効果があります。

脳の発達や成長に欠かすことができないDHAは脳の働きが活性化され、記憶力、集中力などの向上が期待できます。

ヒスチジンは満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎ、脂肪の分解を促進する効果があります。

さらにさんまに含まれているビタミンDはカルシウムの濃度を高める効果があり、骨や歯を強くする栄養素です。

また、貧血予防に効果的な鉄分が豊富に含まれています。その鉄分の吸収率を高めてくれるビタミンB12が含まれているので貧血予防に効果があります。

 

<美味しいさんまの選び方>

全体的に太っているさんまを選びましょう。

頭が小さく頭部の後ろが盛り上がっていて、背中の部分が青黒く光り、張りがあるもの。

口の先が黄色のものは新鮮で脂ものっています。

目を見て、濁っていたり、赤くなっているものや、お腹をさわってあ柔らかいものはやめましょう。これは、さんまは新鮮じゃなくなると内臓から悪くなるためです。

 

給食ではさんまのかば焼きにしました。

油で揚げてあるのでまわりはパリっとして、甘じょっぱいタレと合い子どもたちも良く食べていました。

 

 

鮭、柿も旬の食べ物です。

鮭はタンドリー鮭にしました。

柿は園庭に柿がたくさん生ったので子どもたちにとってもらい、お昼に出しました。

甘くて美味しかったです。

 

 

 

10/26に十三夜を行いました。

献立は里芋ご飯、さばのみそ煮、ほうれん草のごま和え、りんご、おやつはお月見団子でした。

子どもたちにお団子を丸めてもらいました。とても上手に丸めてくれました。

 

 

10/31はハロウィンなので献立にかぼちゃを取り入れました。

食パン、かぼちゃグラタン、バナナ、おやつのおかかおにぎりです。

おかわりもあり、たくさん食べていました。

 

 

旬な食べ物が多い季節です。

果物も柿以外にりんごも美味しい季節です。さんまも引き続き出るので楽しみにしていて下さいね。

 

2018.10.31 記

 

 

 


給食 9月

こんにちは。給食です。

 

8月の猛暑からだいぶ暑さが落ち着き、風が涼しく過ごしやすい季節になりました。

 

今月は十五夜のお話です。

今年は9月24日が十五夜でしたが、保育園では12日に行いました。

うさぎクラス、らいおんクラスにお月見団子を作ってもらいました。

 

 

とても上手にお団子を丸めて作ってもらいました。とても美味しかったです。

 

十五夜の由来は十五夜は満月の日を表します。新月から真ん丸お月様(満月)になるまでに約15日かかる為、

15日の夜で十五夜と呼ばれるようになりました。

十五夜は「中秋の名月」とも呼ばれていて、秋の満月は1年の中で最も綺麗とされています。

 

お月見団子の由来は十五夜の時期に収穫される「お米の団子」をお供えして、

収穫への感謝と、農作物の豊作を祈願したのがはじまりです。

お月見団子は十五夜のお供え物なので15個お供えしますが、地域によって違いがあるそうです。

三方と言われる神前にお供えする台に、白い紙を敷きお月見団子を並べます。

一段目9個、二段目4個、三段目2個と並べます。

 

 

 

十五夜は収穫に感謝する意味があるので、その季節の収穫をお供えする地域が多いです。

里芋、さつまいも、柿、桃、ぶどう、栗、大根などがあります。

その日の給食の献立は、栗ごはん、松風焼き、小松菜のしめじ和え、梨、お月見団子でした。

子どもたちみんなよく食べていました。

 

 

10月は十三夜があります。

10月24日(水)が十三夜ですが、保育園では26日(金)に行います。

幼児クラスにお団子作りとお団子を茹でてもらいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

給食室からのお知らせでした。

2018.9.28 記

 

 

 

 


給食 8月

こんにちは。給食です。

今年の夏は、とても暑かったですね。お盆を過ぎてちょっと涼しい日がありましたがまた、再び厳しい暑さの残暑となっています。

体調を崩す方も多いので十分に気をつけてください。

猛暑に伴い台風も多く発生しています。各地で大変な被害があり胸が苦しい思いです。保育園でも台風直撃の心配を考慮して、急遽給食を停止し、お弁当での対応にさせていただきました。ご協力いただき大変感謝しております。

これから本格的な台風シーズンとなりますので、備えを心がけましょう。

 

毎年恒例となりました。ぶどうを収穫しました。

 

 

ぶどうには、今年の暑さが適していたようで、今までで一番大きくて美味しいぶどうとなりました。

幼児クラスには、おやつと一緒に2回出しました。

皮と種を取って、フルーツヨーグルトにも入れてみました。

ヨーグルトの酸味と合わさり、とっても美味しかったです。

 

今は、種無しぶどうが主流となっているので、種を嫌がって食べない子も多かったのですが食べている子達は、美味しいよと言っていました。種も食べられるよと言って、飲んでしまっている子も何人かいました。

子ども達は、マスカット〜マスカット〜♪と歌っていましたがこのぶどうの品種は、ナイアガラです。

 

玄関に保護者の方にも食べていただこうと思いご自由にどうぞと置いてみました。いかがでしたか?

 

搾って、少しお砂糖を加え煮沸してジュースを作った職員もいました。とても美味しかったようです。

来年は、保育園でもジュースを作って子ども達に飲んでもらいたいなと思います。

もう少ししたら、デラウェアが収穫出来るのでそちらも楽しみですね!!

 

9月は、お月見の献立と幼児クラスでは、お団子作りを予定しております。

十五夜は、9月24日(月)ですが保育園では、12日(水)に行います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

給食室からのお知らせでした。

2018.8.31 記

 


給食 7月

こんにちは給食です。

 

先日子どもたちがたくさんのじゃがいもを収穫しました。

収穫したじゃがいもはコロッケ、ミネストローネ、おやつのベイクドポテトを作りました。

 

 

 

収穫したじゃがいもはとてもホクホクしていて美味しかったです。

 

今月は収穫したじゃがいもの話です。

じゃがいもの原産は標高3〜4千メートルのアンデスの高地で栽培されてたものがヨーロッパに渡り、

その後日本にやってきたとされます。

 

<栄養素>

じゃがいもにはビタミンCなどのビタミン類を多く含んでおり、主成分がでんぷんであることから栄養価も高いです。ビタミンCは体内で作ることができない成分なので効果的に食べ物から摂取する必要があります。またビタミンCは熱に弱い性質なので加熱調理で損失してしまいがちですが、じゃがいもの中に含まれるビタミンCは、でんぷんに守られていることから、加熱調理しても損失しにくいと言われています。

 

<有毒物質>

じゃがいもの芽(芽とその芽の根元)や、皮(光が当たり緑色になった部分)には天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くことが大切です。

 

<取り除き方>

・じゃがいもの芽を根元含めて完全に取り除く(多少皮より内側の部分を含めて多く除く)

・じゃがいもの皮をむく。特に緑色になっているじゃがいもは、皮を深くむく(皮より内側の部分も含めて緑色になっている部分は全て除く)

・できるだけじゃがいもの皮をむいて食べる

・未熟で小さいじゃがいもを皮ごとたくさん食べないようにする

 

 

 

 

 

 

 

<毒性低下に有効な下処理>

ソラニンやチャコニンは加熱では分解されません。有効な下処理は水にさらす下処理です。

ソラニンやチャコニンには、水に弱い性質があるのでさらすことである一定量の毒素が水に排出されます。

じゃがいもの芽や緑色しているところはきちんと取り除き加熱して食べましょう。

 

<保存方法>

・じゃがいもは生きているので暗く風通しのよい場所に置いておきます冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。明るいと芽の部分や緑色になった皮の部分に有毒物質が増えやすくなります。

・冷蔵庫に入れる場合は乾燥しないように新聞紙などでくるみポリ袋などに入れておきます。

・皮をむいたり、切った状態で保存する場合は少し酢を加えた水に浸して冷蔵庫に入れておくと変色を避けられます。

 

じゃがいもは実はナス科の野菜でもあります。同じ科であるナスもたくさん畑で収穫でき、

ミネストローネやスパゲティに入り、みんな良く食べていました。

 

 

たくさん収穫してもらったじゃがいもは引き続き給食やおやつに入ります。
楽しみにしていてくださいね。

 

 

給食室からのお知らせでした。

H30.7.31 記