RSS | ATOM | SEARCH
給食 1月

こんにちは、給食です。

2020年が始まりましたね。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

給食はチキンカレーからスタートしました。

よく食べていました。たくさん食べて元気な体にしましょう。

 

お正月の行事に沿った献立が出ました。

 

1/7 七草粥

<献立>

七草粥、ぶりの照り焼き、ひじきの煮物、バナナ、ベイクドポテト

 

七草粥の言われは、古く中国より伝わり、春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、すずしろ、すずな、ほとけのざ)を使って作る粥は、1年の無病息災・招福を祈願する風習として食べられています。

正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考え、野菜の乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う役割とされています。

七草を出汁で煮て、しょうゆと塩で味付けしました。せりなど少し苦みを感じますが、子どもたちは美味しいとおかわりして食べていました。

 

 

1/10  鏡開き

<献立>

ごはん、マーボー豆腐、もやしとコーンのナムル、みかん、おしるこ(幼児)、きなこ団子(乳児)

 

鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、食べるという風習です。

神様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、神様や仏様に感謝しながら食べることにより、無病息災を祈願しています。

みんなしっかり食べていました。

 

 

 

行事以外でも普段の給食でも日に日に給食の食べる量が増えてきました。

豆腐ハンバーグも1個の大きいハンバーグを出しましたが、スプーンで一口大に切り上手に食べていました。

豚汁も出ました。お椀を持ち上手に食べ、美味しいとおかわりしていました。

4月に比べてしっかり食べることができるようになりました。

 

 

2月は節分、バレンタインがあります。

楽しみにしていて下さい。

 

 

2020.1.30 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


給食 12月

こんにちは。給食です。

12月に入り、とっても暖かい日もありますが、寒い日が多くなりましたね。

風邪やインフルエンザが流行しています。

体調管理に気をつけて、お過ごしくださいね。

 

今月は、クリスマスパーティーのイベントがありました。

今年もホールで行われました。

みんなとっても楽しんでいました。

 

〜献立〜

昼食

・サンドイッチ(ウィンナー、チーズ、きゅうり)

・マカロニグラタン

・いちご

・オレンジジュース

おやつ

・りんごのブラウニー

・牛乳

グラタンは、今回も大人気でした!!

サンドイッチ、オレンジジュース、いちごみんなとっても喜んでいました。

りんごのブラウニーは、容器を最後なめてしまうほど人気でした。

チョコレート味は、子ども達に人気ですね!!

 

今年も残り僅かですね。

今年もお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を〜♪

 

2020年(令和2年)の初給食は!

昼食

・ごはん

・チキンカレー

・キャベツとホタテのみそマヨ和え

・フルーツ

・お茶

おやつ

・ホットケーキ

・牛乳

となります。

 

給食室からのお知らせでした。

2019.12.26記


給食 11月

こんにちは、給食です。

 

毎日雨が続き寒い日が増えてきました。手洗い・うがいを行ない、風邪やウイルスを予防しましょう。

 

11月1日に焼き芋をしました。

子どもたちにさつまいもを新聞紙、アルミホイルで包んでもらいました。

 

 

 

熱々のさつまいもを甘い!美味しい!とおかわりして食べていました。

この日の給食には今が旬なさばも出ました。

脂がのってるさばはとても柔らかく、みんな良く食べていました。

 

さばの栄養素はDHA、EPAが豊かに含まれています。

DHAは脂質異常症といった生活習慣病の対策にも有効です。血液中の中性脂肪を減らしたりする効果もあります。

EPAはDHAと同様に生活習慣病の予防に役立ちます。中性脂肪を減らし、血管を拡張する働きがあり、動脈硬化や高血圧、脳卒中などの発症リスクを下げる効果があります。

またビタミンB12、ビタミンDが多く含まれています。ビタミン12貧血予防や神経機能を正常に維持したり、傷ついた末梢神経を修復する効果もあります。あさり、しじみ、いわし、さんま、レバーなどに多くのビタミン12が含まれています。

ビタミンDでは、カルシウムやリンの吸収をよくして、骨の形成や促進したり、骨を強くしたりする効果があります。

 

 

また別日にはれんこんのきんぴらが出ました。

れんこんの栄養素は食物繊維が多く含まれています。

血管を丈夫にし、血液を良くし、皮膚の新陳代謝を活性化します。

 

新しいおやつの紹介です。

スイートポテトとホットドックを出しました。

れんげクラスもスイートポテト、ホットドックの丸パンを一口の大きさに切って食べました。

ひよこクラスは丸パンでいちごジャムをぬりました。

各クラス両方とも良く食べました。

 

 

 

さばは12月の献立にも入ります。他にも旬なぶりが入ります。

クリスマス献立もあります。楽しみにしていて下さい!

 

H31.11 28 記

 

 

 

 

 

 

 


10月 給食

こんにちは。給食です。

秋も深まり、朝晩は寒く感じるようになりましたね。

空気も乾燥しているので、風邪をひかないように気をつけましょう!

 

*10月のイベント*

 

10月8.9.10日は、幼児クラスとばったクラスの保育参加でした。

幼児クラスは、ホールで保護者の方も一緒に給食を食べました。

子ども達もいつもと違う雰囲気の中とても楽しそうでした。

保護者の方も子ども達と一緒にお話しをしたり、おかわりもしていました。

給食が和やかな時間となりました。ありがとうございます。

インフルエンザが流行してしまい参加出来なかった方も多くとても残念です。

保育参加の給食のご紹介

 

<10月8日の献立は>

・もみじごはん

・さけのしおやき

・巨峰

・麦茶

 

 

<10月9日の献立は>

・パン

・マカロニグラタン

・バナナ

・牛乳

 

 

<10月10日の献立は>

・トマトクリームスパゲティ

・マッシュポテト

・バナナ

・麦茶

 

 

10月11日は、十三夜でした!

十三夜の献立は

<お昼>

・さといもごはん

・豚肉のすき焼き風豆腐

・ほうれん草のごま和え

・バナナ

・麦茶

<おやつ>

・きなこだんご

・牛乳

里芋ごはんは、みんなよく食べていました。

お団子もとても人気でした。

 

10月17日の幼児クラスの遠足は、秋晴れの中みんなとても楽しめたようです♪

おやつは、たこ焼きでした。遠足で疲れていながらも「わぁ〜たこやき〜」

と喜んでくれて、沢山食べてくれました。

 

11月は、園庭で焼き芋をする予定です。

秋の味覚は、彩りもよく美味しくて気持ちもワクワクしますね。

保育園の柿も今年は豊作で給食にも使用しています。

 

フルーツもりんごやみかんが登場し、子ども達も楽しみにしています。

給食室からのお知らせでした。

 

11月の献立の訂正

11月23日は、勤労感謝の日で休園日となります。

よろしくお願いします。

2019.10.31 記

 

 


給食 9月

こんにちは、給食です。

 

ひよこクラス、ばったクラスの園庭にぶどうがなりました。

今年も豊作です!

 

 

収穫したぶどうからジュースを作りました。

ぶどうを房からとり、よく洗い、皮ごと鍋い入れ火にかけます。

沸騰してきたら、潰しながら煮立たせます。

ざるにあけさらに潰します。

ざるに濾してできあがりです。

砂糖・水は一切入ってませんがとても甘くすこし酸味もありとても美味しかったです。

おやつに提供しましたが、完飲でした!

 

十五夜のお団子作りでは、とても上手に作ってもらいました。

この日の献立は

・栗ごはん

・さんまのかば焼き

・小松菜のごま和え

・みたらしだんご(幼児クラス)

・きなこだんご(ひよこ、ばったクラス)

旬なさんまは揚げて甘辛いタレをかけました。ごはんがよくすすみ各クラス良く食べていました。

 

来月はさつまいも堀りがあります。土の中のさつまいもがどのような大きさになっているか楽しみですね。

旬な食べ物は他にもあります。柿やさば、さわらなど給食にでる予定なので楽しみにしていて下さい。

 

2019.9.30 記

 

 


給食 8月

こんにちは。給食です。

 

うさぎクラスが植えたきゅうりが大きく育ちました。

給食にスティックきゅうりやピクルス、マヨネーズ和えなどにして出しています。

また、切り干し大根のサラダやマカロニサラダなどきゅうりが入るものはうさぎクラスのきゅうりも入ってます。

 

 

 

きゅうりやなすは夏野菜のイメージが強いですね。

8月の給食では夏野菜がたくさん入りました。

トマトクリームスパゲティでは畑でとれたなすも入りました。

ズッキーニも入り、子どもたちからこれはなす?何の野菜?なすと味が似てるなどいろいろな感想がありました。

ズッキーニは見た目はきゅうりに似てますが、かぼちゃの仲間です。加熱するとなすに似た食感になり、皮ごと食べられます。

なすは淡泊な味でくせがなく、油との相性が良い野菜です。味もしみこみやすく、加熱すると食感がなめらかになります。

またおやつにばったクラス、幼児クラスにとうもろこしも出しました。みんな上手に食べていました。

 

 

夏野菜の多くにカリウムという栄養素が含まれています。

カリウムは水分バランスを調節する働きにより、利尿作用やむくみ解消にも効果があるといわれています。

血圧の上昇を抑える作用があるので生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

きゅうりは体を冷やす効果があるといわれているので、夏場のほてりを抑えたい時におすすめです。

とうもろこしにもカリウムが含まれてます。またカルシウムと結合して骨を丈夫にする作用のあるリンが多く含まれてます。

 

緑色の野菜が苦手な子でもきゅうりやズッキーニは良く食べていました。

きゅうりはもう少しとれるので引き続き給食に入れていこうと思います。

野菜だけではなく、夏の果物のすいかやメロン、梨、種無しの巨峰も上手に食べていました。

園庭にあるぶどうもそろそろ収穫できるので楽しみしていて下さい。

 

 

 

2019.8.30 記

 

 

 

 

 

 


7月 給食

こんにちは。給食です。

梅雨が明け、夏らしい日が続いていますね。

急に気温が上がり体調も崩しやすいので注意しましょう。

 

今月は、ジャガイモの食中毒についてのお話しです!!

最近、ジャガイモの食中毒についてのニュースが多いです。

ジャガイモの芽(芽とその芽の根元)や皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれています。また、未熟で小さいジャガイモもソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので注意が必要です。

これらを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いでお医者さんにみてもらいましょう。

 

どんなことに気を付ければソラニンやチャコニンによる食中毒を防げるか?

・芽が出ていたり、皮に緑色の部分があるジャガイモは、買わないようにしましょう。

・家庭での長期保存を避けるため、ジャガイモはその都度必要な量を購入しましょう。

・じゃがいもは、暗くて涼しい場所に保管しましょう。

 冷蔵庫で保存する必要は、ありません。20℃以上になると発芽、腐敗しやすくなりますので、10℃くらいの涼しい場所が好ましいです。

(ジャガイモを冷蔵すると、糖の濃度が高くなり、揚げたり炒めたりしたときにアクリルアミドという有害物質のできる量が増える可能性があります。煮物や蒸し物といった水を使った調理に使えばアクリルアミドもできにくく、甘みも増しておいしくいただけます。)

 

取り除き方

・ジャガイモの芽を根元も含めて完全に取り除く。

(多少皮より内側の部分も含めて多めに除く。)

・ジャガイモは、皮を深くむく。

(皮より内側の部分も含めて緑色になっている部分は、全て除く。)

(緑色になったジャガイモは、無理に食べない方が安全です。)

 

保育園でもジャガイモを収穫しました。未熟なジャガイモは、処分しました。

大きくて緑色になっていないものを選んで使用しています。

下処理の際も皮と芽を深くむき、十分注意をしています。

子ども達にもジャガイモは、人気です。

今月の献立のコロッケは、大人気でした。

幼児さんは、大きいコロッケを上手にスプーンで切って食べていました。

みんなおかわりもしていました。

ジャガイモたっぷりのポトフも人気です。

フライドポテトもとっても喜んでいました。

冷めてもしっとりとして美味しかったです。ほとんど完食でした。

 

いよいよ夏本番です。暑さで食欲が落ちてくると、体内のたんぱく質を消費します。それでも、その供給が追いつかず、軽い栄養不足の状態が夏バテです。食欲が落ちてものどは、渇くので、水分ばかり摂ってしまいます。こうなるとたんぱく質の他にビタミンやミネラルも不足し、さらに夏バテしてしまいます。

室内も冷やし過ぎず、生活のリズムを整えて休息をしっかりとりましょう。

お子さんは、少し苦手かもしれませんが夏バテに有効な酢、レモン、梅干しなどに含まれるクエン酸は、疲労物質を分解してくれます。

ビタミンB群を多く含む豚肉、大豆製品、ニラ、ごま、のりなどは疲労回復に役立つと共にエネルギー代謝の効率を上げてくれます。

たんぱく質供給には牛乳、卵、大豆製品、魚、肉などが効果的です。

夏バテに負けないで元気に夏を楽しみたいですね!!

 

2019.7.31 記

 


6月 給食

こんにちは。給食です。

 

梅雨時期ですが、毎日暑い日が続いてますね。

 

特に熱い日などは熱中症にならないためにも水分補給は欠かせません。

激しい運動をしている時などは、汗と一緒にミネラルも体の中から出て行ってしまいます。

スポーツドリンクには塩分の他に糖分も入っています。その糖分は塩分であるナトリウムを良く吸収させるためのものです。普段からの水分補給としてスポーツドリンクを飲むのは糖分の取り過ぎになってしまうので注意しましょう。

激しい運動している時には、水分と塩分が必要なので、麦茶に塩を入れるのもおすすめです。

 

子どもは大人と比べ代謝がよく、すぐに汗をかきます。

「のどが渇いた!」と感じる時には、すでに軽い脱水が始まっていると言われています。そう感じる前に水分補給することが大切です。遊ぶ前、遊んでいる途中、遊んだ後などこまめに飲むようにしましょう。時間だと15分〜30分に1度は水分をとるようにしましょう。

また、睡眠時中にも子どもはよく汗をかきます。寝ている時に熱中症になっていることもあります。寝る前や起きた後にも水分を取りましょう。

 

お茶を飲みたがらないという時は、子どもの好きなスープを作ったり、他にも果物や野菜にも水分がたくさん含まれています。デザートやおやつにフルーツをだしてみるのもおすすめです。

 

6月の給食では、すいかやメロンなど夏の果物が出し、みんな上手に食べていました。

おやつにはドーナツを出しました。みんなとても喜んで食べていました。幼児クラス、乳児クラスともに完食でした!

 

 

畑の野菜が大きく育っています。

なすも実がなり、じゃがいもはそろそろ収穫時期です。収穫したら、7月の給食に入ります。楽しみにしていて下さいね。

 

 

2019.6.27 記

 

 


5月 給食

こんにちは。給食です。

保育園では、バラの花が満開です!!

ゴールデンウイークが終わり、子ども達も通常の保育に慣れてきました。

給食も副菜が入り3品のメニューが増えました。

畑の野菜も収穫し、子ども達にも沢山食べてもらいました。

 

そらまめは、幼児クラスの年長さんにさやをむいてもらいおやつに出しました。

みんな上手に皮から出して食べていました。

 

スナップえんどうは、れんげクラスから幼児クラスまで小さく切って主菜の中に混ぜています。

幼児クラスには、塩ゆでして給食にも出しました。

手で持ってそのまま食べると美味しいですよね。

 

保育園での給食は、子どもの一日分の栄養価の半分を目標に供給しています。

しかし、食べる量には個人差があります。ご家庭でも朝、夕の食事をしっかり摂れるようお願いします。

 

乳児クラスは、担任が子ども達の食事量を把握して盛り付けます。

全部食べ終わったらおかわりもしています。

献立:ごはん

   さけの塩焼き

   ひじきの煮物

ひよこクラス:年度の最初は、まぜごはんにしています。

ごはんとおかずで100〜200gくらいの量を食べています。

 

ばったクラスは、さけごはんとひじきの煮物です。

さけごはんは、80g〜120g

ひじきの煮物は、50g〜80gくらいの量を食べています。

 

幼児クラスは、年少児は担任が盛り付けをします。

年中長児は、自分で盛り付けをします。

お皿が小さめなのでおかわりをしています。

ごはんは、100g〜140g

さけは、30g〜50g

ひじきの煮物は、50g〜80gくらいの量を食べています。

 

れんげクラスは、発達に合わせて離乳食を個別対応しています。

完了食の子ども達は、ごはんとおかずを混ぜておじやの形態にしています。

150g〜200gの量を食べています。

おやつも同じ形態です。

献立:しらすおじや

 

急に気温が上がり体調を崩しやすい時期となっております。

これから梅雨に入りますのでご家庭でも体調管理に気をつけてお過ごしください。

 

2019.5.30 記

 


給食 4月

こんにちは、給食です。

 

春になり暖かく過ごしやすい気温の日や夏のように暑い日もありますね。

園庭の桜がきれいに咲きました。

 

 

畑の野菜もお天気が続いているのでぐんぐん育っています。いちごの花も咲き出しました。

 

 

給食はカレーライスからスタートしました。初日からみんな良く食べ、おかわりもありました。

5月の中頃から副菜や様々な種類の献立を出してみようと思います。

 

今月は4/26に端午の節句を行いました。

端午の節句とは、五節句の一つで男の子の健やかな成長をお祝いする風習があります。

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲と薬草のよもぎを軒に挿すことで、厄災を祓ってけがれを浄化できると考えられました。また柏もちは日本発祥で、江戸で生まれました。柏もちを包む柏の木は昔から神聖な木とされていたことや新芽がでないと古い葉が落ちないため、「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物となって江戸時代を中心に広がりました。

 

<献立>

・中華おこわ

・鶏の唐揚げ(ばったくらす、幼児クラス)

・鶏肉団子(ひよこクラス)

・かしわもち(ばったクラス、幼児クラス)

・ミルクくずもち(ひよこクラス)

 

 

唐揚げはとても人気な献立なので、おかわりもありみんな良く食べていました。

柏もちも良く食べていました。

 

 

★お弁当について★

土曜日のお弁当にご協力いただきましてありがとうございます。

お弁当作りは近隣の市町村の基準と合わせています。どうぞご協力お願いいたします。

※年間を通して加熱していない生もの、生野菜(ミニトマトやレタスなど)、果物(缶詰の物も含む)、練り物(かまぼこ、ちくわなど)ハムやチーズはお弁当に入れることを禁止しております。加熱してあればお弁当に入れても可能です。

※これからの季節は、気温が高くなりますのでお弁当を作る際は冷めてかフタをしていただきき、保育園でもお弁当の保管には十分気を付けますが、必ず保冷材を入れて下さい。

※お弁当箱やお弁当入れ、カトラリーセットにはお名前の記入もお願いいたします。カトラリーセットの箸は抜いてください。

 

○お弁当作りのポイント○

乳児クラスのお子さんには、一口で食べやすい大きさにして下さい。

フォークやスプーンですくいそのまま口に入れて食べれる大きさにカットしてあると食べやすいです。

スパゲティなどの麺類は切ってあるか、クルクルと小さく巻いてフォークですくえる長さになっていると食べやすいです。

お弁当箱にそのままご飯を詰めてしまうと、昼食時に取り出しにくくなってしまいます。おにぎりはたわら型や一口大の小さな丸型、三角形にしてお弁当のスペースにゆとりをもって詰めていただけると子どもたちもつまんで食べやすいです。

午後は、ジャムサンドとバナナなどボリュームがあるおやつがでるのでお子さんが丁度よく食べきれる量(おにぎり又はサンドイッチ+おかず2〜3品)が良いと思います。

 

 

皆さんとても食べやすいように作ってくださり、食べてる時もみんなでお弁当の話などしながら楽しく食べています。

 

給食室からのお知らせでした。

H30.4.26記