RSS | ATOM | SEARCH
職場体験 四街道市立西中学校

11月20日21日の二日間、四街道西中学校の2年生4名が職場体験に来ました。

らいおんクラスでは文学の課業に参加し、こぶとりじいさんの爺さん役の劇遊びをしたり、午後からは、総合避難訓練のお手伝いをしてくれました。ばったクラスでは、おままごとや電車で遊んでくれました。また、毎年恒例のクリスマスツリーの飾りつけを行ってくれました。

感想文が届きましたので、掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H・Iさん

一番感動したのは、一日中小さな子どもの相手をしながら、常に周りを見ながら更に先のことを考えている先生の姿です。私も先生みたいに、臨機応変に何事にも取り組める人になりたいです。今回の経験で大体の将来の夢が決まりました。子どもと関わる仕事に就きたいと思っています。

 

M・Sさん

この体験を通じて、保育士として必要なことがわかりました。子どもたちが楽しく、安全に過ごすために色々な遊びをしたり、衛生を保つために色々な場所を掃除したり、クリスマスには飾りつけなどをして、園児たちを喜ばすのはとても素敵なものだと思います。私も将来はそんな風になりたいと思いました。

 

R・Sさん

私が一番感じたことは、先生方は子どもたちのことを一人一人よく見ていて、優しく笑顔で接し、またしてはいけないことをした時は、しっかりを叱り、園児の将来を考え、教育しており素晴らしいと思いました。私も将来、子どもに関わる仕事に就いたら学んだことを活かせる人になりたいです。

 

Y・Aさん

進路を考えるうえで、この経験は大変有意義であり、大いに参考になりました。一番感動したのは、給食やおやつの時間に細心の注意を払う姿や怒るときは怒る、楽しむときは楽しむという切り替えが出来ることです。将来の夢は、警察官か保育士なので、今回の経験を必ず活かしたいと思っています。

 

 

毎年西中学校の2年生が、玄関前のクリスマスツリーの装飾を担当してくれています。

2017.12.08記


平成29年度 職場体験 四街道市立四街道中学校

11月16・17日の二日間、四街道市立四街道中学校の2年生4名が、職場体験に来ました。

うさぎクラス・ばったクラスの中に入り、うさぎクラスでは、体育の課業に参加し鬼役をやってくれたり、ばったクラスでは子どもたちとボールやおままごとなどで遊んだりしてくれました。

 

 

 

 

 

感想文を頂いたので、掲載します。

私たちは保育園の仕事の大変さについてたくさんのことを学ぶことができました。例えば甘やかしてやってあげることがすべての優しさではなく、時には見守ってあげるという事の大切さや様々な個性を生かすための授業が週に何回かあるということなどがとても印象に残りました。これからは、大日保育園で学ばせて頂いたことを生かして、様々な活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。

 

2017.12.01記


平成29年度 職場体験 四街道市立北中学校2年生

11月1日・2日の2日間、四街道市立北中学校の2年生が職場体験のため、1日は、幼児クラスで焼き芋の行事があり、お手伝いをしてくれたり、2日目は、課業の美術に参加したり、ばったクラスのお手伝いをしてくれました。

 

 

 

感想を頂いたので、掲載します。

 

F・Uさん

私は、子どもと関わる教育の仕事に就きたいと思ってこの仕事を選びました。今回の職場体験で、園児のお世話などの大変さや仕事のやりがいなどを学ばせて頂きました。最初はとても緊張して、どうすればよいのかわからなかったのですが、先生や園児がとても優しくしてくださったので、とても嬉しかったです。園児がいっぱい話しかけてくれたので、子どもと関わる仕事は大変ですが、幸せなことや嬉しいことがたくさんあるので、いいなあ。と改めて思いました。今回の体験を活かし、将来について考えていきたいです。

 

A・Sさん

職場体験の二日間を通じて、すごく明るくていい保育園だなぁと思いました。保育園の人全員がとても笑顔で自分もすごく楽しい時間を過ごさせてもらいました。特に戸外で遊んでいるときは、自分も本気になる位楽しかったです。僕は、将来「教育」に関わる仕事をしたいと思っています。二日間で体験できたことはとても自分の将来の夢を叶えるために繋がったと思います。

 

K・Mさん

私は、初めはとても不安でしたが、子どもと接したらその不安は吹き飛びました。一番楽しかったのは、らいおんクラスの子どもたちと遊んだり、焼き芋を食べたりしたことです。子どもたちに、『タッチ!』されたり、「手を繋いで!」と言われ、手を繋いだのが嬉しかったです。「ばったくらす」では、おままごとをしたり、ボール投げをして遊びました。将来の職業の幅が広がりました。

 

H・Uさん

家族に保育士で働いている関係でこの仕事を選びました。この二日間を通じて、とても楽しい体験ができました。らいおんクラスの子どもたちとの鬼ごっこやボール遊びはとても楽しかったです。今回の体験を活かし、毎日の学校生活を笑顔で元気に取り組みたいです。

 

2日間お疲れ様でした。

2017.11.13記


町はっけん!!!

10月27日金曜日、大日小学校の2年生が生活科の授業の中で行われている「町はっけん」学習のために、19名の児童が保育園に勉強に来てくれました。

卒園児も7名参加してくれ、大きくなった姿を見せてくれました。

 

 

2グループに分かれ、園内を見学したり、児童の質問に答えたりしました。

 

時間があるときに、また遊びに来てくださいね!!!

2017.10.27記


四街道市立四街道西中学校 職場体験

11月24・25日の二日間で、四街道市立四街道西中学校2年生女子4名が職場体験に来ました。

感想文を頂きましたので、紹介します。

 

 

A・Sさん

私は、保育園の先生と言えば、「子どものお世話をする」というイメージでしかありませんでした。

しかし実際は、子どものお世話に他に、月の計画を立てたり、部屋の飾りつけをしたり、子どもの成長記録を書いたり、色々な仕事があることを知りました。今回の体験を自分の将来に生かしていきたいと思います。

 

K・Eさん

私は、保育士の仕事は、子どものお世話以外に、毎月の計画や子どもがよりよく生活できる環境づくりをしていることがわかりました。また、保育士の方が子どもが泣いていたり、ケンカしたときに、なぜ泣いているのか、なぜケンカしているのか、その理由を聞いていたことが印象的でした。今回の体験を、自分の進路選択に生かしていきたいと思います。

 

S・Wさん

私は、体験させていただき、子どもを預かってお世話する以外に、一人ひとり成長の記録を書いたり、毎月の計画を立てたりしていることもわかりました。また、「どんな仕事に就くにも、部活や勉強を頑張って、人との触れ合いを大事にしてください」ということを聞いて、今から頑張らないといけないと思いました。

 

H・Mさん

私は子どもが好きなので、保育士さんはとても楽しそうだなと思っていました。けれど、実際に体験してみると、楽しいことばかりでななく、大変なこともたくさんあることがわかりました。また、質問させていただきた時に、「子どもがまた来たいと思うような場所を作る。」と言っていた言葉が印象的でした。子ども達の事をよく考えていることを知りました。

 

 

上記のクリスマスツリーは、毎年四街道市立四街道西中学校の職場体験に来た学生さんに飾ってもらっています。

 

大日保育園玄関前に、クリスマスを待ち遠しく思っている子ども達に大人気です!!!

飾っていただき、ありがとうございました。


職場体験 四街道中学校

11月17・18日に、市内の四街道中学校の生徒4名が職場体験にきました。

感想が届きましたので、紹介します。

 

 

 

 

A・Oさん

大日保育園に訪れた時、段差が少なかったり、子どもの高さに合わせた水道があったりと安全に気をつけた構造になっていて、すごいと思ました。また、子どもと遊んでいておもちゃを片付ける場所がわからなかったとき、教えてくれる優しい子どもたちばかりでした。どんな職業でも、勉強は必要なので、今後学校での勉強を一生懸命頑張ります。

 

A・Kさん

私は、1・2歳児クラスを体験させていただきました。みんなとたくさん触れ合うことが出来、とても楽しかったです。保育園の先生たちの大変さについても知ることが出来、とても勉強になりました。私の将来の夢は、保育園の先生になることです。今回学んだことを中学校生活で生かせるように頑張ります。

 

S・Kさん

当日、私はとても緊張していましたが、園児のみんなに明るく挨拶をされ、一気に緊張がほぐれました。子ども達が笑顔で楽しむ姿を見て、私まで元気になりました。施設内には、様々な工夫がされており、園児を大切にしていることがわかりました。園児からたくさんのパワーをもらったので、自分も周りの人を楽しませられるように頑張ります。

 

E・Sさん

園児のみんなと楽しく遊べるか不安でしたが。みんな優しくてたくさん遊んでくれて、とても嬉しかったです。二日間で、色々な年齢の子ども達と遊んだことで、年齢によって気を付ける事や遊びの違いがあり、面白かったです。これから私は、先生方が園児の気持ちをよく考えていて、すごいと思ったので、人の気持ちをよく考えてより良い友好関係を築いていけるように頑張ります。

 

2016.11.30記


職場体験 四街道北中学校

11月1・2日の二日間に渡り、市内四街道北中学校2年生4名が、職場体験に来ました。

うさぎクラス・ばったクラス・ひよこクラスに入りました。

 

 

体験後に感想を頂きましたので、紹介します。

 

Kさん

「教室に入ってからは、どうすればよいのかわからず固まってしまったけど、わかりやすく教えていただけたので、笑顔で話しかけたりなじめることができました。今回の体験を生かし、自分の将来について考えていきたいと思います。」

 

Uさん

「子ども達と接したときは、緊張のあまりなかなか子ども達と接することが出来ませんでした。接し方を教えていただき、笑顔で子ども達と仲良くすることが出来ました。」

 

Dさん

「子どもと接することがあれほど体力や気を使う仕事だとは想像できませんでした。子どもが泣き出したり、ケンカをしたときに、どうしていけばわかりませんでした。先生方の対応を見て、中学生の対応とは違うなぁと思いました。幼児クラスは、自分の事は自分でやるということが印象に残っています。」

 

Tさん

「保育士になるために、どのようなことをしていけばよいのか、資格について説明してくださり、嬉しかったです。今回の体験を通じて、もっと勉強をして、資格を取り、保育士になるという夢を叶えたいです。」

 

2016.11.15記


職場体験(四街道西中学校)

11月26・27日に、四街道西中学校の2年生4名が職場体験に来てくれました。

乳児クラス・幼児クラスそれぞれ体験してもらいました。
昼からは、27日に幼児クラスで使用する焼き芋の芋を準備してもらったり、玄関にクリスマスツリーを飾ってもらいました。

27日は、幼児クラスの焼き芋のお手伝いもしていただきました。

感想文が届きましたので、紹介します。








M・Yさん
「子どもを預かり、お世話をすることは気を使うので、その分疲れが出るけど、子どもの笑顔や子どもの成長を見ることが出来る楽しさや嬉しさで疲れが飛んでいき、楽しくこの仕事が出来るのかなと思いました。」

M・Sさん
「子ども達の相手をするだけではなく、本を拭いたり落葉を掃いたりなど大変な仕事がありました。子どもが寝ている間に仕事をして、やり終えた後に子どもの笑顔を見た瞬間に頑張ってよかった。とやりがいを感じました。」

R・Tさん
「子どものお世話をするときは、とても責任感を感じ、大変緊張しました。ですが、私たちをすぐに受け入れてくれ、たくさん遊ぶことが出来ました。子どもの成長を身近で感じられるやりがいのある仕事だと感じました。」

M・Mさん
「保育士の仕事は想像以上に大変でしたが、子どもの成長を間近で見ることが出来てやりがいのある仕事だと思いました。仕事は生活のためにも、大切なことがあることがわかりました。これからは、この経験を生かしていきます。」


2日間お疲れ様でした。4人が飾ってくれたクリスマスツリーは、毎日キラキラと輝いています。
また、保育園にも遊びに来て下さい。
2015.12.09記

四街道中学校2年生 職場体験

11月12・13日の二日間にわたり、市内の四街道中学校2年生の女生徒4名が職場体験に来てくれました。

バッタクラスとひよこクラスとらいおんクラスを体験しました。









昼には、幼児クラスが焼き芋で使用する「さつまいも」を4人で頑張って掘り起こしてくれました。





感想文をいただきましたので、掲載させていただきます。

M・Kさん
当日の朝は園児と触れ合えるのかとても不安でしたが遊んでみると不安も無くなり、楽しむことができた。今回の職場体験ではコミュニケーションをとることの大切さと大変さをあらためて知りました。どのような職場についても同じことなので、それに必要な挨拶や返事そして笑顔を常日常考えて行動していきます。

M・Sさん
バッタクラスでは、話す言葉が聞き取れない部分が多く、園児の言いたいこと、伝えたいことを読み取る力が必要だと思いました。これからは、人と接するときには、常に笑顔で、否定的な言葉は使わずに学校生活を楽しんでいきます。そして、どんな人の声も聞けるような力をつけていきたいです。

K・Kさん
ケンカもあったりして大変でしたが、先生方がお互いの意見を聞いたり、話し合いをして解決いていてすごいなあと思いました。将来、教育関係の仕事につきたいので、どんな仕事にも責任を持って、1つ1つ一生懸命に笑顔で過ごしていきたいです。

S・Oさん
園児のみんなと遊んだりするすることで、以前よりもっと子どもが好きななると同時に預かるということを意識しながら安全に気をつけていかなくてはならない責任感を感じ、保育士の大変さを身をもって実感しました。いつも大きな責任感を持ち、働いている先生方を見習い、私も自分の仕事には必ず責任感を持ち、最後までやり通します。そして、将来は保育士になって今回の体験を活かします。

2日間、お疲れ様でした。また、保育園に遊びに来て下さい。
2015.11.30記
 

四街道西中学校の職場体験

12月3・4日に、四街道西中学校の2学年が職場体験にきました。2名ずつ、らいおんクラスとばったクラスに入りました。







体験後に感想文を頂いたので、掲載させて頂きます。
R・Sさん・・・保育士という仕事は、子どもが好きという気持ちだけでは出来ないということが分かりました。最初に入った時は、何をしていいのかわからず戸惑っていたけど、子どもの方から声をかけてきてくれて、嬉しかったです。2日目の方が、声をかけてくれる子が増え、距離が近くなった気がしました。将来どの職業についても、大日保育園の方々のような暖かい人になりたいです。

Y・Tさん・・・まず、すごく大変でした。正直つらかったことがたくさんありました。私の中で保育士は子どもと遊ぶことが主な仕事と思っていましたが、実際には大変な仕事がたくさんあることを知りました。
らいおんクラスでは、「お姉さん、お姉さん」とみんなから呼ばれてどうしたらよいのかわからなくなったときに、先生に助けられて助かりました。

T・Fさん・・・ばったクラスのみんなは、とても活発でした。子どもたちと接することは思っていたより難しく、大変でした。ですが、とてもかわいく、癒されたり、時には泣いたりケンカしたりしている子を見て戸惑いもありましたが、先生方は細かな配慮をされていてすごいなぁと思いました。

M・Sさん・・・すごく疲れました。先生方は毎日あんな大変な仕事をしていて、すごいなぁと思いました。らいおんクラスの子は、外遊びが大好きで、子どもは外に出て遊ぶ・体を動かすことが大好きなんだなぁと改めて思いました。


保育に入っていない時に、雑務や玄関に飾ってあるクリスマスツリーを組み立ててもらいました。
職場体験、お疲れさまでした。

2014・12・17記